♣️ アルコールを無料で飲める方法@MBS

多くのカジノは、プレイヤーに対して、
お酒をただで提供していると思います。
これは、プレイヤーがお酒を飲み、酔うことで、
正しい決断が出来なくなりますし、
自己制御コントロールも失いがちになるからです。

つまり、カジノ側からすれば、
アルコールをタダで提供しても、
それ以上の利益の見返りがあることになります。

しかし、
なぜかシンガポールのカジノでは、
アルコールは有料で提供しています👎
ビールもワインもシャンパンもすべて有料です。

ただ、MBSの場合は、
地下のHigh Limit エリアでプレイをすれば、
ビール🍺/赤・白グラスワイン🍷/ビスケット類🍪が無料で提供されます。

テーブルに、特にメニューなどが置いてはないので、
知らない人が多いです。
注文方法としては、
近くを周っているWaitressの人※に口頭で注文すれば、持ってきてくれます。
※MBSでは、Serviceと呼ばれています

また、
Ruby Room(2階)※1とPaiza Room(2階以上)※2は、
もちろんアルコールは無料です。
※1: MBSのMember’s Card のステータスが、Silver以上の人であればアクセス可能。
※2: Paiza Memberという最高級のMemberの方。

勝ち負けよりも、カジノを楽しみたいという方であれば、
多少のアルコールはいいと思います。
ただ、飲みすぎには気をつけてください。
翌日気づいたら、大損していた😱!となったら大変なので。。。

ちなみに、自分は、やはり判断が鈍ってしまうので、
プレイをする時は、一切アルコールを飲みません。
もう今日はプレイをしないという時は、
稀に飲むことがありますが、年に数回程度です。

♣️ カジノ内でのマナー@MBS

マリーナベイサンズのカジノ内でのマナーについて、ここでは、お話します。

① 多くのカジノがそうではないかと思われますが、カジノ内での写真撮影は、一切禁止されています。

※写真をどうしても取りたい時は、隠し撮りするしかありません。
といっても、何千台と設置されているセキュリティーカメラで、すべてばれていますが。。。

②ブラックジャックやポントゥーンのゲームでは、配られるカードは一切触らない。

※バカラやポーカーでは、カードを触ることが可能です。
というか、触らないと
バカラだと、カードを絞る楽しみがあると思いますし、
ポーカーだと、ハンドが見れないですしね。

③ ゲームが開始された後は、その回のゲームが終了するまで、絶対にベットしたチップは触らない。