♣️ なぜ Blackjackなのか?House edge (ハウスエッジ)との関係性

House edge (ハウスエッジ) ※とは、
控除率とよく説明がなされていますが、
簡単にいうと、カジノ側がどのくらい有利なのか示す指標のことで、
賭けた額の何パーセントをカジノ側が利益としてもらる計算になってますよ。
というものになります。
※ちなみに、ここでのHouseというのは、訳すと”胴元”という意味になりますので、
“House edge” = “胴元の利益”ということになります。


簡単な例でいきますと、
仮に1%のHouse edgeのゲームで、
$100賭けたとします。

そうすると、House edgeの計算は、

$100 × 1% = $1

この$1が、理論上のカジノ側の利益になるということになります。
100回賭けたら、理論上は、カジノの利益$100ということになりますね。。。
恐ろしい😨


よって、このHouse edgeが高ければ高いほど、

“カジノ側に有利なゲーム=プレイヤーに不利なゲーム”

となり、逆に言うと、

House edgeが低いゲーム=プレイヤーに有利なゲーム

ということが言えるかと思います。

まぁ、House edgeがゼロ以下でない限りは、
完全にプレイヤーに有利とは言えませんが、
理論上、負け額が少なくて済むということになりますね。


ちなみに、カジノのゲームのHouse edgeを紹介する前に、
日本で実施されている宝くじや競馬のHouse edgeを調べたところ、

-宝くじ ・・・ 約55%
-サッカーくじ ・・・ 約55%
-国内競馬/競輪/競艇 ・・・ 約25%

のようです。

今から、カジノの代表的なゲームのHouse edgeを紹介していきますが、
日本で現在実施されている賭け事が、
どれだけ割りに合わない賭け事になっているかが、ハッキリ分かります。


では、カジノで代表的なゲームのHouse Edgeは以下のようになっています。

ゲームの種類 House Edge
Baccarat (Banker) 1.06%
(Player) 1.24%
(Tie) 14.36%
Roulette 0 2.70%
00 5.26%
Sic-Bo 2.78% – 33.33%
Slot Machines 2%-15%
Poker Three card poker 3.3%
Pai Gow Poker 1.50%
Casino/Caribbean Hold’em 2% – 2.5%
Craps 2.78%-16.67%
Pontoon 0.47%※1
Blackjack 0.41%※2

※1: 8 deck
※2: 6 desk, stand on soft 17, BJ payment 3 to 2

上のHouse Edge表からも、

“なぜブラックジャックなのか?”

分かってもらえたでしょうか?

そうなんです、House Edgeが一番低いのです!

しかも、このサイトでも紹介していますが、
ブラックジャックで使われているスキルを使ってプレイすることで、
さらに、House Edgeを抑えることが可能です。

♣️ そもそも、Blackjackとは?

ここでは、ブラックジャックとは、
いったいどういったゲームなのかを紹介していきます。

Blackjackは、カジノが提供しているゲームの中のひとつになります。

他のゲーム(バカラやルーレットなど)と違い、
プレイヤーの意思によって、
カードをもう一枚引いたり、
引かなかったりすることができる為、
技術介入が可能なゲームと言われています。


また、カードゲームの一種で、
プレイヤー対ディーラー(カジノ側)の勝負となります。

プレイヤーのカード合計とディーラーのカード合計が
以下の①②のどちらになるかで勝負が決まります。
※詳細の遊び方は、[♣️ Blackjackの遊び方(その1)]で紹介しています。

①合計のカードの数が、21に近いほうの勝ち
※ただし、カードの合計が22以上になると、
Bust(バースト)と言って、その時点で負けになります。

②Bust (バースト) しなかった方の勝ち
※ディーラーは、すべてのプレイヤーのカードを配り終わった後に
自分のカードを引くので、ディーラーがバーストする前に、
自分がバーストしないことが重要となります。

特に②はすごく重要です。

もちろん自分のカードが21になることが一番の目的なので、
①がすごく重要に思えますが、それ以上に②が重要です。

というのも、さきほども触れましたが
自分のカードの合計が22以上になると、
その時点でバーストとなってしまい、
負けが決定してしまいます。

なので、もしディーラーに配られたカードが、
確率的にバーストしやすいカードだったら、どうしますか?
しかも、自分のカードは、
もう一枚引くとバーストする可能性がある場合は?

こういう場合は、もう1枚カードを引いて、
バーストするリスクを背負ってまで、21を狙いにいくよりは、
もうカードは引かずに、ディーラーがバーストするのを待つ
といった手法を取るほうが確率的にはいいということになります。

このように、上記の2つの事を目標に、
そこに色々な仕法を取り入れながら、プレイしていきます。

これが Blackjack とゲームになります。

※別のページにて、
ブラックジャックで取り入れるべき手法・技術を紹介しています。
Skills of Blackjack(BJのスキル)