💰4月3日(2017)の成績

今日は、17時過ぎにMBSに行きましたが、

この時は、まさか、とてつもなく長く終わりのない一日になるとは思ってもいませんでした。。。

では、この日の成績ですが、

MBSに着いたら、シンガポール人の知人がプレイはせずに、ディーラーとテーブルで談笑していたので、自分もそのテーブルに座り、少し談笑からスタート。

通常、プレイする前に、かならずテーブルのカードをチェックするのですが、
ここでは、談笑していたこともあり、そのままプレイ。

テーブル自体は悪くありませんでした。
最初に、1ボックスでプレイして、そこまで悪くはなかったのですが、
勝ち負けの連続で、途中から、思い切って 4または 5ボックスでのプレイに変更。
この選択が悪くなくて、少しづづ勝ちが増えていき、しばらくプレイしたところで、
別のプレイヤーが入ってきたので、いつものようにここで終了。

  • Cash-in : S$1,000
  • $50 table
  • 結果:+ S$875.5
  • プレイ時間:30分程度

しばらく、ウロウロしながら、別のテーブル探しへ。
先程談笑していたシンガポールの知人がプレイすることを薦めてくれたテーブルが、
誰もプレイしていなかったので、プレイ開始。

しかし。。。

ほんの10分足らずで、インド人プレイヤーが入ってきたので、止めようとしたら、

「僕は君の邪魔はしないから、そのままプレイしていいよ」

って、言ってくれたので、そのままプレイ続行。しかし、次のラウンドは、結果は負け。

そしたら。。。

そのインド人が何も言わずに、新たにボックスを開けてプレイしてきたので、
自分は負けてはいなかったこともあり、ストップ。

ちょっとインド人は、キョトンとしてましたが、

“てか、思いっきり邪魔しとるやんけ💦”と、心の中で思いながら、

”I need to go anyway. Good luck” と伝えて、テーブルを去りました。

  • Cash-in : S$1,000
  • $50 table
  • 結果:+ S$225
  • プレイ時間:10分程度

さて、この時点で、Total: $1,100 勝ちとかなりいい結果になっていました。

しかも、月曜の夜なのに、やけに人が多くて、一人でやれそうなテーブルはなさそうだし、

「よし、今日はこれで帰ろう」と一瞬思いました。。。

ただ、まだ夜の19:30。。。

ここで、自分の中の欲が勢いを増してきて、

“もう一回だけプレイして、それで、$500勝ったら止めよう”

というまさかの決断。。。

(ほんと負けたら、どうするんだ!ってリスクをしっかり考えられてない。。。)
それで、またテーブル探しに向かいます。
たまたま誰もプレイしていない$50テーブルも発見。

いつもは、テーブルのカードをチェックしてからプレイするのですが、
人も多いかったので、このテーブルでは、チェックなしでプレイ再開。

そしたら、このテーブル… かなり悪いテーブルでした…
ディーラー全くバーストしないし、かなりの回数で、6-2-8-5, 5-4-6-5, 6-5-10 のような展開で、

そこで気づいたのが、

このテーブル

“Clumping tableやん…😱”

※Clumpingとは、ある程度、同じ数のカードが固まってること。
とりわけ、小さな数のカードが固まってるテーブルの時に、この表現をしています。

つまり、小さな数(2~6)のカードが固まって出てくるということは、
ディーラーは、バーストしにくいのです。
先程言ったようなディーラーのカードが、6-2-8-5, 5-4-6-5, 6-5-10のような状態です。

なので、通常、プレイする前にテーブルのカードをチェックして、
Clumpingじゃないことを確認してプレイするのですが、

このテーブルでは、時既に遅し。。。既に大きく負けてしまっています。。。。

そこで、目標を負けを少なくして止めるか、
負けてる分を取り戻せたらやめる!に切り替えました。

いつものように、自分のボックスマネジメントとトラッキングを、
試行錯誤しながら、やっていたのですが、

何をやってもうまくいかない!

じりじりじりじりと下振れしていきます。。。

そしたらついに、自分を見失ってしまいました。。。

次のラウンドで、いいカードがきそうだと思ったところで、
一気に$300を5ボックスにかけてしまいます。
ディーラーの最初のカードは、”5″だったので、勝てる期待値があがります!

でも、結局、ディーラーは、5-8-6でバーストせず、負けてしまいました。。。

その後、またチャンス到来と思えたときが何度かあったのですが、
先程の大きな負けと自分の残りのバンクロール(持ち金)から、
あまりに大きい額はベットできず、なぜかそういうときに限って、
ディーラーがバーストして、勝ててました。

つまり、大きくベットした時は、負けて
小さくベットした時は、勝つ

最悪のシナリオです。。。。

そして、ついにもう一度だけ、これは勝てるチャンスがくるというときに、
もう一度、思い切って$300 をベットしますが、
自分のボックスマネジメント的には、4ボックスでのプレイだったので、
4ボックスに$300をベットします。

配られたカードは、
Box 1 : 4 – 6
Box 2 : Ace – Ace
Box 3 : 10 – 10
Box 4 : 2 – 2
で、
ディーラーは、”2″ です。 ※絵札はすべて10と記載してます。

ベーシックストラテジーどおり、
Box 1の4-6の10は、Double-downして、7がきたので、17!!
次に、Box 2のAceのペアは、Splitしなければいけないのですが、

ここで、大きな問題が発生!!!

ほんと問題というか、あまりにも馬鹿で情けない話で、恥ずかしいのですが、

Splitするだけの自分の所持金がもうない。。。

既に、この時に$5,500をキャッシュインしていたので、
いつも持参するバンクロール(持ち金)をすべてキャッシュインしていました。。。

つまり、後で、SplitやDouble-down用にチップをキープした状態で、
ベット額を決めなければいけないのに、
このとき、自分を少し見失っていたこともあり、
そこを考えずに大きくベットしてしまっていました。。。

Over Betting もいいところです。。。

ただの馬鹿です。。。

それで、どうしたかというと、
実は、たまたまだったのですが、
なんと自分の知人が反対側のテーブルでプレイしているのを発見!!

そこで、ディーラーにちょっと待ってもらって、
その知人のもとに行って、Box 4の2-2もsplitしなければいけなかったので、
$600 chip分を貸してもらって、テーブルに戻り、

Box 2: Ace – Aceをsplit
配られたカードは、10 と 5。
なので、Ace-10の21,  Ace-5の16。

Box 3 : 10-10はstay(Stand)

Box 4 : 2- 2 は先程借りた残りのChip $300で、Split。
この時点で、もうDouble-downもSplitもできるChipは、ないのに、
次に配られたカードは、

“2”

ベーシックストラテジーだと、もう一度Splitです。

でも、もう所持金が無いので、Splitできず、そのままHitを選択。
配られたカードは、10で、2 – 2 – 10 の14でstay。
Splitしたもうひとつの2は、4と10がきて、2 – 4 – 10 の16でstay。

ディーラーのカードは、2 – 10 そして、5 の17となり、

結局、1単位が$300だったので、2単位($600)負けでした。

この時点で、バンクロールがなくて、知人にお金まで借りて、
ベーシックストラテジーどおりにプレイできなかった自分が、
あまりにも情けなくて、正直今日は帰ろう。。。

と思ったのですが、
どうしても、もしあの2をもう一回splitできていたら、
どうなっていたのかをどうしても知りたかったので、
もう一回だけ1ボックスでプレイ。

すると、

あの2をもう一回Split出来ていれば、ディーラーはバーストしてました。。。
つまり、2単位負ける代わりに、9単位勝ていたことにあります。

1単位が$300だったので、$2,700勝ちが直ぐそこまできてた。。。。

勝ちと負けの差額でいくと、11単位($3,300)の違いです。。。

これは、あまりにもショックで、このテーブルでのプレイは止めました。。。

ほんと、バンクロール(所持金)は、重要だということを、
改めて認識したテーブルでした。

って、そもそもバンクロールが少ないのに、
過剰にベットしてしまった自分が悪いのですが。。。

  • Cash-in : S$5,500
  • $50 table
  • 結果:– $4,225
  • プレイ時間:120分程度

この時点で、かなり疲れてきていたので、
休憩を取りながら、一度ATMに行って、お金をおろしてプレイするか、
今日は、このまま帰って、また明日出直すか考えてました。

ただ、$3,000以上負けていたので、
負けをすべて取り戻すとまではいかなくても、
少しだけでも負けを取り戻したいという気持ちになり、ATMへ。。。

バンクロールを再度手に入れてから、
本日、最初にプレイしたテーブルでプレイ開始。

最初、1ボックスでプレイしたのですが、これが全くよくなくて、下振れ。
ボックスの数を変えてプレイしても、あまりよくない展開…
そしたら、まさかの

This table is closing in 20 minutes!

って言われ、えー、時間がない💦。

とりあえず、このテーブルでの負け分は
取り戻したいという焦りのような気持ちになり、
まったくプレイに集中できなくなってきて、
ベット額も取り戻したいという気持ちから、
大きくなっていて、完全にただのギャンブラープレイヤー化してしまってました。

そして、大きく負けていたのですが、
最後にトラッキングでいいZoneがきそうだったので、
いっきに$200を5ボックスにベット。

結果は、ディーラーがバーストして、すべて勝ち。

このテーブルでの負け額を少し抑えることができて、
テーブルがcloseする時間になったので、プレイ終了。

  • Cash-in : S$3,000
  • $50 table
  • 結果:– $712.5
  • プレイ時間:40分程度

さて、この時点で、今日一日の負けてる額が逆に少し増えてしまいました。。。

あいているテーブルの台数も、減ってしまい、
$25, $50テーブルは、他のプレイヤーでいっぱいでした。

そうすると、残る手段は、
High Limitのミニマム$100でのプレイしか残っていません。

さっそく、テーブルチェックにいき、
悪くなさそうなテーブルを発見したので、
プレイしていたプレイヤーが席を立ってから、プレイ開始。

1ボックスが最初から悪くありませんでした。
2,3回勝って、一回負けて、また数回勝って、一回負けてというような展開。

このテーブルでのターゲットを30単位勝てたら、止めるとしていたので、
15単位ほどまで勝ったですが、そのままプレイ続行。

そしたら、そこから1ボックスでのいい流れが
ピタッととまり出したので、
いつものようにボックスマネジメントで、
プレイするボックスの数を決めながらプレイ。

勝っても負けてもいない状態が続き、
ここで、いいチャンスがきそうだったので、
思い切って、$200を5ボックスにベット。これが見事にうまくいかず。。。
その後、もう一回いいチャンスがきそうだったので、
$300を4ボックスにベット。これも結果うまくいかず。。。

少し負けが重なってくる展開に。。。

そして、しばらくプレイしていく中で、
やっとトラッキングからいいZoneがきそうだったので、
思い切って$400ベット。これが見事に決まり、一気に下振れを取り戻して、
その後、4ボックスでいい流れもきていたので、勝ったChipを利用して、
すこしづつベットアップしていって、目標の30単位勝ちを達成したので、
ここで、プレイ終了。

  • Cash-in : S$5,000
  • $100 table
  • 結果:+ S$3,025
  • プレイ時間:150分程度

最終的に、朝の5:30までプレイした今日の成績は、

負け : – $812

でした。

一時は、-$3,700以上負けていたので、
負けて終わるのは嬉しくはないのですが、今日はよしとします。

今日は、バンクロール(所持金)の大切さを痛感した日でした。
あと、短い時間でも勝っている時に、カジノを去るのも大切です。。。

当たり前ですが。。。

” Don’t be so greedy!!”


One thought on “💰4月3日(2017)の成績

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s